Vaticのインストールのコツ

1.
cythonのバージョンは0.20に vatic-install.shのcythonバージョンを0.20に書き直す。
さらにcythonをバージョン0.2に落とす。

2.
ffmpegをインストール。下記を参考にインストール
http://qiita.com/naga3/items/74b05ddf5ee8e4331382

3.
JPEGのエラーがでたのでPILをはずしてJPEG再インストール

4.
/etc/apache2/sites-available/000-default.confの中に以下を追加

WSGIDaemonProcess www-data
WSGIProcessGroup www-data
WSGIPythonPath /usr/local/lib/python2.7/dist-packages

(中略)
ServerName vatic.domain.edu
DocumentRoot /home/ユーザ名?/vatic/public
(中略)
WSGIScriptAlias /server /home/ユーザ名?/vatic/server.py
CustomLog /var/log/apache2/access.log combined
(中略)

Order allow,deny
Allow from all
Require all granted

Order allow,deny
Allow from all
Require all granted

5.
WEBがforbiddenなど問題があれば、configなどの設定を直して下記コマンドでサーバーを再起動
$sudo service apache2 restart

6.
一度$turkic puclish –offlineにしたところ
mkdir:ディクレトリ ’/var/www/.python-eggs’を作成できません:許可がありません。
とのこと、まずディレクトリを手動で作成
$sudo mkdir /var/www/.python-eggs
そして
$sudo chown www-data:www-data /var/www/.python-eggs
$sudo chmod -R 777 /var/www/.python-eggs
$sudo chown www-data:www-data /var/www/.python-eggs

とした。

7.
config.pyの中身にパスを通す

8.
server.pyのアクセス権を変える。
chmod 777 server.py

9.
server.pyにsiteを通す
import site
site.addsitedir('/usr/local/lib/python2.7/dist-packages')

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中