UbuntuとMacとのフォルダ共有方法@Virtual Box

Mac上で適当にフォルダを作成。とりあえず「vb_shared」とした。

つぎにVirtualBoxの設定→共有フォルダで、上記のフォルダを追加、そのときに「自動マウント」をチェック。

Ubuntu側の/home/ユーザ名/の下に「vb_shared」フォルダを作成して、ターミナルで下記コマンドを入力してマウントする。

$sudo mount .vboxsf vb_shared /home/ユーザ名/vb_shared

なお、そのままでは再起動時に再度マウントが必要になるそうなので、rc.localにコマンドを入力しておく。参考にしたページではgeditを使ったのでgeditで以下のとおり

$sudo gedit /etc/rc.local

viより使いやすいかも。なお参考にしたページは以下。

http://njet.oops.jp/wordpress/2009/11/11/mac-os-x%E4%B8%8A%E3%81%AEvirtualbox%E3%81%ABubuntu%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

geditで、rc.localのexit 0の前に下記を書き込む。

mount -t vboxsf vb_shared /home/ユーザ名/vb_shared

で、これから動画をUbuntuに移動する。

広告

UbuntuとMacとのフォルダ共有方法@Virtual Box」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中