いろいろ

本日出てきたのは、

・AmazonEC2に入るための公開鍵を作成 ssh-keygen -f ファイル名 -rsa

・毎回公開鍵をあてるのが面倒くさいので./ssh/configファイルに、今回接続するServerに対応するホスト名をつけてあげ、その内容であるHostname(サーバーアドレス)、User(設定したユーザ名)、IdentityFIle(公開鍵のパス)を書いておく。そうするとsshで接続する際に繋ぎたい設定したホスト名をssh (ホスト名)とすると、自動的にconfig内に書かれたホスト名をつかってサーバー接続をしてくれる。なおファイル作成にはvimを使用。

・amazon上で色々試すためにamazon上でipython notebookを立ち上げる。

・その際にポートフォワードしてローカルホストで立ち上げるようにした。適当にポートは5000番として。

$ssh ec2サーバー -L 5000:localhost:5000

※-Lはローカルフォワード

・コマンドのパスを表示するときは

$which なんとか(pythonとか)

・それからipythonを立ち上げる。

$ipython notebook –no-browser –port=5000

広告

Ubuntuの開発環境をMac上にととのえる

Dualbootにするか迷ったが、Yosemiteの場合は論理パーテションを解除して作業していく必要があり、色々いじくってる現在では動かなくなりそうなのでとりあえず止める。

まずは仮想環境上に開発環境を整えてトライすることにする。

Vagrantというのが仮想環境にコマンドラインで入れるツール。これなら横断的に開発ができそうなのでVagrant+VirtualBox+Ubuntuとしよう。

なお仮想環境はいわゆるLAMP環境とする。

参考はこれかな、、

http://akiyoko.hatenablog.jp/entry/2014/02/24/022920

まずMAC OSX版をDLしてインストール

スクリーンショット 2015-06-23 9.29.58

つぎにVirtualBoxのOSX用をDLしインストールする。

スクリーンショット 2015-06-23 9.32.16

さいごにVagrant用のUbuntuのBoxはAtlasからDLする。ただしターミナルから。

$vagrant box add ubuntu/trusty64

とすると自動的にhttps://atlas.hashicorp.com/ubuntu/trusty64からDLしてくる。

今回DLされてるのはVer.20150609.0.10でした。

$vagrant box list

とするとDLされたBoxが確認できる。

ubuntu/trusty64 (virtualbox, 20150609.0.10)

VagrantBoxを初期化する。

$ vagrant init ubuntu/trusty64

すると以下のメッセージ。

A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now

ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read

the comments in the Vagrantfile as well as documentation on

`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

メッセージに従いVagrantをたちあげてみる。

$ vagrant up

Bringing machine ‘default’ up with ‘virtualbox’ provider…

==> default: Importing base box ‘ubuntu/trusty64’…

==> default: Matching MAC address for NAT networking…

==> default: Checking if box ‘ubuntu/trusty64’ is up to date…

==> default: Setting the name of the VM: 名前_default_数字数字_数字

==> default: Clearing any previously set forwarded ports…

==> default: Clearing any previously set network interfaces…

==> default: Preparing network interfaces based on configuration…

    default: Adapter 1: nat

==> default: Forwarding ports…

    default: 22 => 2222 (adapter 1)

==> default: Booting VM…

==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes…

    default: SSH address: 127.0.0.1:2222

    default: SSH username: vagrant

    default: SSH auth method: private key

    default: Warning: Connection timeout. Retrying…

    default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying…

    default:

    default: Vagrant insecure key detected. Vagrant will automatically replace

    default: this with a newly generated keypair for better security.

    default:

    default: Inserting generated public key within guest…

    default: Removing insecure key from the guest if its present…

    default: Key inserted! Disconnecting and reconnecting using new SSH key…

==> default: Machine booted and ready!

==> default: Checking for guest additions in VM…

==> default: Mounting shared folders…

    default: /vagrant => /Users/名前

さてではVagrantにSSHで入る。

$ vagrant ssh

Welcome to Ubuntu 14.04.2 LTS (GNU/Linux 3.13.0-55-generic x86_64)

* Documentation:  https://help.ubuntu.com/

System information disabled due to load higher than 1.0

  Get cloud support with Ubuntu Advantage Cloud Guest:

    http://www.ubuntu.com/business/services/cloud

0 packages can be updated.

0 updates are security updates.

Last login: Tue Jun 23 01:17:14 2015 from 10.0.2.2

なおログアウトするときは以下。

$vagrant halt

以上のVagrantのコマンドは以下のページを参考にした。

http://qiita.com/YutakakINJO/items/4c4f14a5059709409bf8

JuliusをMBAにインストール。

とりあえずMBA上にHomebrewは入ってるので、brewを使って必要なライブラリなどをインストール。
まず、juliusのページによると開発環境(のヘッダとライブラリ)が必要なようなのでflexを入れる。
つぎに。portaudioを入れる。juliusはcoreaudioに対応してないとのことだから入れる(他のページを参考にすると)。
$ brew install –universal portaudio

juliusをダウンロードするためにwgetをインストール
$ brew install wget

下記のページを参考に
http://qiita.com/amano-kiyoyuki/items/41f250a52e0929001e1f
以下にあるdictation kitをDLすることに、自動口述筆記のための最低限のライブラリとJuliusのBINが入っているので。
http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/60416/dictation-kit-v4.3.1-osx.tgz/

ダウンロード後にtarで解凍
$ tar xvzf dictation-kit-v4.3.1-osx.tgz

あとは、実行のみ。

今日のUNIXコマンド
tarはtape archiveの意味。圧縮解凍
cdはカレントディレクトリだが、「/」はrootから、「.」はカレントディレクトリをさす「..」は1つ上のディレクトリ