AnacondaのインストールによるiPython Notebookの導入

先日はpipでipythonをインストールしたが、ipynbのファイルがあり、Notebookを使わないといけないことが判明。
結局AnacondaにiPythonやnotebookなど諸々ライブラリが入っているようなのでそちらでインストール。

広告

Macのフルパスの表示方法

適当なエディタに、パスを知りたいフォルダのウィンドウ上にある「フォルダマーク」をドラッグ&ドロップ!
スクリーンショット 2015-05-26 17.23.26

iPythonのインストール

まずはpipのインストール。
もともとmacにはpythonが入ってる。/Library/python/を確認すると、2.6と2.7が。
バージョンの確認はターミナルで
python –version

ついでにlsはフォルダ内のlist。suはSuperuserの略。sudoはSuperuserが実行の意。

さて、pipのインストールはすでにpythonの中にインストーラーがあるようなので。
sudo easy_install pip

としたら、インストール完了。

つぎにpipを使ってipythonをインストール。
pip install ipython

としたらエラーが、、よくみるとPermission deniedのエラーのよう、SuperUserでインストールしてると思ったので
su –

として、パスワードを要求されるも。管理者パスワードが通らない。
そう、管理者とSuperuserは違うみたい。そこで、Superuserのパスワード設定。

1.「ユーザとグループ」環境設定→「ログインオプション」→カギのロック解除
2.「ネットワークアカウントサーバ」セクションで、「接続」→「ディレクトリユーティリティを開く」
3.「ディレクトリーユーティリティを開く」でカギのロック解除
4.上側タスクバーの「編集」→「ルートユーザを有効にする」を選択→「パスワード」「確認」フィールドにお好きなパスワードを入力し完了

※参考URL
https://support.apple.com/kb/PH14281?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

以上によって、Superuser設定終了。そこでまずrootに移動
su –
と入力し、先ほど設定したパスワードを入力。うまく通ると下記のようにrootに移動できる!
root$

root上で同様にipythonをpipでインストール。
root$pip install ipython

見事成功。特にエラーが出なかった。さあ本当に入ったかどうかはまた次回確認しよう!

複数のDropBoxアカウントの使い方

下記の手順で作成

1.新規フォルダ「Dropbox-●●」をフォルダ「Dropbox」と同じ場所に保存
2.Automator.app->ワークフローの作成->シェルスクリプトの実行 で以下のコードを入力

bash
HOME=$HOME/Dropbox-●●
/Applications/Dropbox.app/Contents/MacOS/Dropbox &

3.「ファイル->名前をつけて保存」で適当な名前をつけ「アプリケーション」(例 「Dropbox●●.app」)として、「アプリケーション」フォルダ内に保存
4.作成したDropbox●●.appを立ち上げると、Dropboxログイン画面になる。ログインして終了
5.PC起動時のログイン項目に、「Dropbox●●.app」を追加

以上で完了、ツールバーに「Dropbox」マークが並ぶ。またマークの横に「歯車」が表示されているが×したら消える。
なお手順に下記の日本語ページを参考にした。
http://www.yasuc.net/2015/02/dropbox_alt/

ただし元はこちら。Thank You!
http://theterran.com/blog/2012/6/14/use-two-dropbox-accounts-on-one-computer.html#fn%3A3=

MacにHomebrewをインストール

下記のページを参考に

http://brew.sh/index_ja.html

下記のコードをターミナルに入力しただけでインストール完了

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

覚えないといけないことがいっぱいある。
その他のキーワード
ipython
を次にインストールしないと。そのためにpipが必要
それでHomebrewをインストール。

pythonはパッケージが面倒。バージョンアップした際に、アップされていないものあり。
JSONsheme

その点、Rubyは良いと。Ruby WarriorやShoesで要勉強。

画像内のタグ付けでは、
Microsoft COCO
その中でソースの部分実行は Shift+Enter
あと、N-Gramについても勉強が必要か?

エディタはVI派が圧倒的。ちなみに言語ではRuby、Python以外にScalaもある。